不登校の中学生におすすめ!苦手意識の強い英語の成績をアップさせる勉強方法

英語

中学生の苦手科目として多い「英語」。授業を受けていても苦手意識を持っている中学生が多いくらいです、不登校で授業を受けられない方はもっと英語の勉強方法に悩んでいるでしょう。

しかし、勉強しなければ高校にも進学することはできませんよね。今回は不登校の方にお勧めしたい英語の勉強方法についてご紹介します。


① 英語を学習塾で勉強する

最も効率的で確実に英語の成績がアップするのが、「学習塾に通う方法」です。楽手塾と言ってもその形態は様々。集団授業を行う大手予備校もあれば、個別指導に力を入れている地域密着型の学習塾もあります。

学習塾に通うメリット

まずは、学習塾に通うメリットをご紹介します。多様な形態の学習塾が増えていますが、どの学習塾に通っても2つのメリットが実感できるはずです。

要点を得て効率よく勉強できる

学習塾は学校の学習要領に沿った指導を行っているので、しっかり通っていれば学校の成績はすぐに上がることが期待されます。また、学習塾に通っている分、単純に勉強時間も増えますよね。自宅では勉強できなかった方も、学習塾のような勉強する環境が整っていればモチベーションが上がる方も多いのです。

孤独感がなく心の支えになる

自宅で毎日勉強を続けるのはどんなに優秀な方でも難しいでしょう。疑問点があっても質問できない、先の見えない不安に孤独感が募るなど…勉強に関してはご家族でも対処しきれないこともありますよね。
学習塾に通えばそのような心配は解消されます。頼れる講師が勉強のサポートをしてくれる進路や学校の相談に乗ってくれるなど、勉強面だけでなく、心の支えとなります。

また、周囲に仲間が増えることから、モチベーションも維持し続けることができます。

学習塾に通うデメリット

続いて、学習塾に通うデメリットについてご紹介します。ここでは、皆さんが気になる学費についても触れてみましょう。

費用が高い

まずは費用の問題です。実際に学習塾に通っている方は月にどれくらいの費用を支払っているのか調査してみました。

Rさんの場合(中学1年生)
形態 個人経営の学習塾
登校頻度 週2日
月謝 8,000円(テキスト・ワーク代別)

 

Tさんの場合(中学3年生)
形態 個別指導塾
登校頻度 ほぼ毎日
月謝 35,000円

 

Cさんの場合(中学3年生)
形態 大手予備校
登校頻度 週2日
月謝 23,000円

この月額に入学金や模試費用、夏期講習や冬期講習、合宿代などの諸経費を合わせると、年間50万~100万円ほどかかるでしょう。塾の形態にもよりますが、個別指導は丁寧な指導である分学費も高い傾向があります。
また、どの科目を受講するかにもよります。最初は苦手な英語だけにして、徐々に科目を増やしていくのもひとつの手です。

集団授業に馴染めない

不登校の方は特に、集団授業に抵抗のある方も多いと思います。しかし、個別指導は費用が高く、手が出せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合は、不登校サポートの整っている学習塾やコースを選びましょう。学習塾にも不登校サポートが整っているところはあります。せっかく費用を払うなら、楽しく通い続けることができる学習塾が良いですよね。


② 英語を独学で勉強する

続いては、独学で英語を勉強する方法をご紹介します。ここでは実際に学習塾を経営されている方から誰でもできる効率の良い英語の勉強方法をお聞きしました。

独学で英語の成績をアップさせるために行うことは次の3つです。

① 音読を20回する
② 音読が20回終わった後、単語を覚える
③ 学校で配布される問題集を3周する

音読方法は

  • 1行ずつ音読してその都度日本語訳を見る
  • 2周目は日本語の意味の分からない箇所のみ訳をみる
  • 3、4、5~20週目と進めていくうちに日本語訳をみなくても英文を理解できるようにする

英語は20回目以降から効果が発揮されると言われています。最初は飽きてくる方もいるかと思いますが、粘り強く続けていきましょう。

単語の覚え方としては

  • 必ず音読20回後に行う
    以上です。音読前に行うのとでは定着率が格段に変わります。

最後は、教科書準拠した問題集を3周しましょう。1周目、2周目で間違えた部分位はチェックを付けておくとご自身の苦手分野が分かってくるはずです。

音読20回、音読後の単語暗記、教科書準拠の問題集3周。この3つを行えば、どんなに英語が苦手な方でも成績アップが期待できるでしょう。

独学で勉強するメリット

独学で勉強するメリットは2つあります。

費用が安い

何より費用が安いことです。かかる費用はテキスト代だけで済むので、年間で考えると40万~90万円ほど安く抑えることができます

自分のペースで勉強できる

学習塾に通うと良い意味でも悪い意味でも期限が設けられますよね。期限があるだけでストレスを感じ、モチベーションが下がってしまう方も見受けられます。独学で勉強すれば自分のペースでゆったりと勉強を進めることができるので、ストレスがかかりにくいのがメリットです。

独学で勉強するデメリット

「独学ではあまり成績アップが見込めないのでは?」と不安に思うかもしれません。しかし、きちんと計画を立て勉強を進めれば、必ず成績は上がります。独学で英語を勉強することのデメリットはモチベーション維持が難しい。これに尽きます。
モチベーションを維持させるためにも気晴らしに外出する家族との時間を1日のスケジュールに組み込むなど工夫してみましょう。


まとめ

不登校の方でも、英語が苦手な方でも、勉強すれば成績は上がります。問題は「英語を勉強する環境が整っていない」「英語の勉強方法が分からない」の2つです。
今回ご紹介した2つの勉強方法はタイプが全く異なります。ご本人の性格や家庭環境に合った最適な勉強方法を選びましょう。
その他の科目の勉強方法についてはこちらの記事を御覧ください。⇒『誰でもできる!不登校中の勉強方法