夢があって高校中退したい人は

漫画家(イラストレーター・アニメーター等)、美容師、芸能人、メイクアップアーティスト、声優…等々。
皆さんにはそれぞれに夢やなりたい職業があり、それのために高校中退したい。
そんな人に見ていただきたいページです。


高校中退したら夢のための時間は増える?

今後あなたがどんな仕事に就こうとしているのかはきっと様々だと思いますが、どの仕事をすることになっても必ず共通している部分があります。
それは「自分で時間を作って、管理しないといけない」ということです。
仕事をしている時間は仕事に集中し、仕事に関わる勉強はそれ以外の時間を自分で作っていかなければなりません。
趣味の時間や、友達と遊ぶ時間だって「自分で作る時間」の一部になります。

ハッキリ言って、高校生でいる方が圧倒的に自由な時間が多いです。
「高校に行きながらじゃ、夢のための時間が確保しにくいから嫌だ」
という理由で高校中退した人が、「働きながら夢のための時間を確保する」なんてほぼ不可能だと思います。

もちろん、高校中退した後で、自分のやりたいことを見つけたというパターンなら話は別です。

ですが、今現在全日制高校に在籍していて、これから辞めようと思う人は、「学校やめても、夢のために頑張る時間は絶対に増えない。増えても最初の数か月だけで、あとはどんどん尻すぼみになっていく可能性」の方が圧倒的に高いことを忘れないでください。

特に親御さんの反対を押し切って中退した場合はほぼ100%「尻すぼみコース」確定だと思ってください。


それでもおいかけたい夢があるという場合は

通信制高校には、専門学校さながらの授業を受けられる学校が多いのです。
ルネサンス高校などはWスクールと言う形で、提携しているスクールで勉強することが出来ます。声優や、イラストレーター、美容師やメイク、バンドマンなど、それぞれの夢に合わせた授業をうけつつ、高卒資格も取ることが可能です。

きちんと調べるべきことを調べず、夢のためには中卒という学歴にも甘んじる覚悟だ!と決めつけて高校中退してしまうのはただの現実逃避に過ぎません。

まずあなたの将来や生活の出資者であるご両親が「まあ、こういう形なら」と納得してくれる方法を模索することから始めましょう。
社会に出れば、頭ごなしにNOと言ってくる相手に、あの手この手で何とかOKという返事をもぎ取って来なければならない場面が沢山あります。
基本的に子供の味方であるご両親を説得できなくて、赤の他人で、必ずしもあなたの味方でいるとは限らない相手を説得することが出来るはずがありません。

これも夢を叶えるための訓練と思って、是非頑張ってみてください。


次の記事:中退のままだとどうなる?