不登校の中学生の受け入れ先を探しているあなたへ

中学生、受け入れ先
中学校に進学すると、環境がガラッと変わります。部活動に勉強、進路、更には交友関係も複雑になるでしょう。

進級するごとに様々な経験・刺激を受けるのが中学生です。小学生のようなゆったりと流れる時間は中学校にはありません。

これまでとは異なる環境に、お子様の気持ちが追い付かず、疲れてしまってはいませんか?不登校は長期化するほど、解決しにくくなります。中学生であれば、今後の進路についても考えなければなりません。

心苦しいですが、早めにお子様と向き合うことが不登校解決のポイントです。

お子様と言葉を交わせる状態であれば、自宅だけではなく外にも目を向けてみましょう。お子様に「わくわくしてもらえるか」「自分でも通えそうと思ってもらえるか」がポイントです。

今回は、不登校の中学生を受け入れ先、進路先をご紹介します。

全日制高校

高校生、授業

中学校卒業後、最も進学者数が多い学校が全日制高校です。高校課程の中でも全日制高校の認知度は断トツです。

そのため、全日制高校以外の、通信制高校や定時制高校の実態があまり知られていません。進学先は全日制高校にしてほしいと考える親御さんも多いと思います。

不登校のお子様でも諦めることはありません。全日制高校の中でも不登校を経験した方に寛容な学校もありますし、不登校であったとしても全日制高校を志望することが多いのです。

全日制高校は認知度が高い分、人気もあります。全日制高校を選ぶ際は、不登校経験者を積極的に受け入れている学校を探すことをおすすめします。

定時制高校

学校、教室

定時制高校に対して「ガラが悪い」「不良生徒が多そう」「生活が不規則になる」などの悪いイメージを抱いている方も少なくないと思います。

確かに、公立の定時制高校にはそのような学校もあります。しかし、私立の定時制高校が増えてきたことにより、「朝・昼・夕方から登校時間を自由に選択できるようになった」「3年間で卒業できるコースが増えた」など、選択肢の幅が広がっています。

自宅から通える定時制高校の評判を調べてみましょう。

定時制高校は宣伝・広告費にお金をかけていない学校が多いため、インターネットや書籍だけでは見つけにくいかもしれません。フリースクールの案内板や役所のホームページも使って調べてみましょう

通信制高校

通信制高校

私が特に、不登校を経験した方におすすめしたい学校が通信制高校です。通信制高校の実態を知らない方は、あまり通信制高校に対していいイメージを抱いていないと思います。

私も最初はそうでした。

しかし、通信制高校は、不登校経験者が卒業まで通い続けられるサポート体制が整っています。

まず、登校日数が少ないことです。年に1度の集中スクーリングと言って、観光気分で楽しめる自然豊かな場所に3泊4日程度で合宿を行います。スクーリング期間は基本的に勉強中心ですが、自由時間は観光もできます。

登校日数を抑えながら同級生と楽しい高校の思い出を作れるのが通信制高校の特徴です。

また、学校にカウンセラーが常駐しいつでも悩み相談ができることも通信制高校ならではの特徴。社会人の方も働きながら卒業できるくらい、自分のペースを大事しながら通うことができます。

集団行動が苦手な方、勉強についていけるか不安な方も、通信制高校なら安心です。

(参考:『不登校でも諦めないで!通信制高校で卒業資格をとりましょう!』)

フリースクール

学校

フリースクールとは、民間企業、NPO団体、ボランティア団体が運営する施設です。不登校や引きこもりの方以外にも、軽度の発達障害、知的障害、身体障害を抱えている方も通っています。

勉強のサポートから集団生活を行う上で大切なこと、進路サポートまで行います。

フリースクールは学校ではないため、卒業扱いにはなりません。しかし、フリースクールへの登校を高校の出席扱いにしていることも稀にあります。

出席扱いされるフリースクールの特徴は、地域の学校がうまく連携していること小・中学校に多いことです。

全てのフリースクールが小・中学校と連携しているわけではないため、事前に確認しておきましょう。

高校認定試験予備校

予備校、勉強

高校認定予備校とは、高認試験対策に特化した教育施設です。この中には、通信制高校のサポート校も含まれることが多いです。

高校認定試験の合格している方は、大学や短大、専門学校の受験資格を得られます。また、就職の際も高校卒業資格を取得している方と同等の扱いを受けられます

高認予備校のタイプには、通学タイプ、インターネットを活用するタイプ、DVDなどのデジタル教材を利用するタイプなど様々あります。

自宅でも通える予備校がほとんどなので、不登校を経験した方でも無理なく合格を目指せます。

全寮制高校

生活リズム、朝

不登校の生徒を積極的に受け入れているのが、全寮制高校です。全寮制高校その名の通り、寮に入って高校に通います。

寮で生活することで、不規則だった生活リズムを是正できる集団生活に慣れることができます。

解決につながりやすいですが、ご本人にストレスがかかりやすいことも事実です。

全寮制高校を検討される際は、親御さんよりもご本人の意思を尊重して、慎重に決めましょう。

まとめ

親子

不登校のお子様と同じくらい、親御さんも悩んでいると思います。

でも、安心してください。

どれだけ不登校で苦しんでいる方にも受け入れ先は必ずあります。

肝心なのは、その選択肢をあなたが知っているかどうかです。親御さんができることは、お子様の選択肢を増やしてあげること

今回ご紹介した受け入れ先以外にも選択肢はまだまだあります。

インターネット以外にも、自治体や施設・学校の掲示板などを活用して探してみましょう。