高校中退をするとどのような人生を送ることになるのか

現在高校に通っている高校生の中で高校中退を考えている方もいるかもしれません。しかし高校中退をしたらその後どのような人生を送ることになるのか、とても気になると思います。「高校は絶対卒業した方が良い」、「高卒の資格がないと就職に苦労する」。これはよく言われていることです。この言葉を真に受けて、高校中退をやめようと考えるのは少し早いかもしれません。なぜなら高校中退にはデメリットもありますが、メリットもあるからです。このメリットとデメリットをよく考えてから、高校中退をするのかどうか。この決断をしても遅くはありません。


日本で高校中退するとどうなるのか

今の日本はまだまだ学歴社会です。最低でも高卒の資格を持っていないとまともな職業はないと言っても良いでしょう。98パーセントを超える高校卒業者。求人を出す側も高卒資格を持っていることを前提としています。そこで高卒の資格を持っていないと、何らかの問題がある人物と思われてしまいます。
つまり高校中退すると就職をする時には大きなハンデを背負ってしまうことになるのです。


高校中退をするメリットとは

しかし今の日本ではネガティブな理由で高校中退をする生徒ばかりではありません。日本にある普通の高校は週五日通うシステムが一般的です。時間も朝から夕方まで拘束されます。つまり高校三年間はほとんど学校に費やされると言っても良いでしょう。
自分の夢や目標を持っていて、その道に進みたいと考えている生徒にとって、高校三年間はとても息苦しいものかもしれません。そうした自分の夢を追いかけて高校を辞めて、自分の行きたい道に進む。このような選択をする生徒も最近ではたくさんいらっしゃいます。


高卒の資格を得る方法はある

高校三年間を自分のやりたいことに使いたい。そのために高校中退をしたい。このような気持ちを持っていてもいざ行動に移すとなると、とても難しいでしょう。なぜなら先ほども言った通り日本は学歴社会であるからです。自分の夢がかなわずに普通の会社に就職することになったときは、中卒という肩書はとても不利です。このようなことを考えると、高校中退という選択肢を取ることに躊躇してしまうこともあるでしょう。
しかし高卒の資格を取るのに普通の高校に三年間通う必要はありません。なぜなら通信制高校で高卒の資格を取ることが出来るからです。通信制高校は自分の好きな時間に好きな勉強をすることが出来ます。自分で自由にカリキュラムを作ることが出来るので、夢を追いかけながら高卒の資格を取ることも可能です。
最近ではますます通信制高校のニーズが高まっているのか、私立の通信制高校が年々増加しているのです。自分のやりたいことがあって高校中退したいけど、中卒になってしまう事を恐れている方はぜひ通信制高校をお考えください。