高校中退でも面接でその理由が言えれば強い

高校中退後に気になるのは就職についてです。就職活動における面接で突っ込まれることが多いであろう高校を中退したというその学歴について。一見不利にしか見えないその高校中退したという経歴ですが、どうして高校中退してしまったのか。その理由をきちんと説明できれば、決してマイナスポイントにはなりません。
しっかりと意志が伴う高校中退だったとしたら、マイナスなイメージを与えることはないので安心してください。どうしても学歴が必要な場合は、高校中退したとしても入学可能な学校の情報を手に入れる工夫を行ってください。


高校中退のマイナスイメージを与えない理由とは

なるべく面接にて良い印象を与える必要があります。高校中退した理由を、「はやく社会に出たかった」「今学んでいることとは別に知りたいことがあった」など。前向きな理由がそれに当たります。
「テキストにはない事柄を知りたかった」など、まるで高校中退したほうが良い勉強ができるかのようなことを面接で伝えることをおすすめします。
一般的な高校はどうしても画一的な学習が進みます。もっと専門的な知識が欲しいと思っている方には物足りないでしょう。高校中退にしっかり前向きな意志があり、高校では得られないものを手に入れたかったということを面接で伝えることをおすすめします。


中退後に何をしていたかのアピールが大切

高校中退後に何をしていたのかも重要です。日々何もしておらずただただ毎日を過ごすだけなら当然面接に落ちてしまうでしょう。
高校中退したことで手に入った多くの時間で、いかに自分の未来に繋がるような行動を起こしていたのか。
勉強でなくても良いのです。病気やけがの療養期間が必要がったのならそのことを伝えましょう。療養期間もれっきとした面接で表明できる理由です。
高校に通わず働くことで社会の厳しさを知ったなど、いろいろ言うことは可能なはず。


この人は長続きしないと思わせないことが大切

この人はうちで働いてもすぐ辞めてしまうなと思わせないことが大切です。自分はしっかり未来に向かう強い意志があること。高校中退はその過程で絶対必要なことだったことを伝えてください。
いかに具体的な行動を表明することができるか。一度犯した過ちを認めることもできるでしょう。その過ちを認め、再び立ち上がるために行動を起こして今ここにいるのだと、それを自信満々で伝えることができればきっと認めてもらえるはずです。