高校中退した人が陥ってしまいがちな罠

高校中退した人が陥ってしまいがちな罠は、そんな人と違う未来を選んでそこを歩んでいる自分を否定してしまうこと。
自己肯定力を大きく損なうことです。
自分を嫌いになって自分を否定するスパイラルに入り込んでしまうと、行動力を失ってしまう。
そしてそれに伴う思考を掻き立てる力も失ってしまいます。
自分の内から力をわき起こすには、自分を自分で肯定してあげるしかないのです。
高校中退したくらいでは未来に影響を及ぼすと思っているあなた。確かに影響を及ぼすかもしれませんが、言うほどではない、ほんの些細な影響です。まだまだリカバ-可能な範疇です。


高校中退で損ねたその自己肯定力を別の場所で補う

高校を中退する理由は一つではないでしょう。
例えば学生にとって一番大切な学業の分野。ここで学業に苦手意識を持っていると、それによりどんどん他の生徒に遅れをとってしまい、自分のことを否定してしまう材料になってしまいがちです。
その学業に苦手意識を持ってしまった理由は何でしょうか。
自分のペースで勉強できなかったこと? それなら簡単です。基本的に勉強のペースを自己管理する通信制高校での学習に切り替えることで、その弱点を補強することが可能です。
高校中退する理由として考えられる、もう一つの理由があります。それが人間関係です。人間関係はいつの時代も、どの年代も関係ある話題です。
高校生くらいのデリケートな時代なら、そのダメージはもしかすると大人より大きいのかも。
ですがこれも通信制高校なら、必要最低限のコミュニケーションで押さえることが可能です。


人から肯定してもらう

自己肯定力とはいうものの、自分で肯定するのには限界があります。
やはり一番心強いのは、信頼をおける他人から自分を肯定してもらうこと。
どれだけ一人で苦しんでも答えは出ません。友人関係も金銭の悩みも、学習ペースも進学の悩みも何も解決しません。
人からもらうヒントと、自分の頭をしっかり使って考えることだけが、適切な答えを見つけるための手段です。
一人の力なんて大したものではありません。自分で動くこと。
そのための助けを適度に得ることが大切です。高校中退した理由をきちんと話すことができる信頼できる相手を持っておくこと。
そしてその相手にしっかりと適切に、自分の悩みを打ち明けることが大切です。
自分の悩みを最終的に解決することができるのは自分の力によってのみですが、そのための手がかりは一人ではつかめないのです。