高校中退して正社員として就職する道

高校を中退すると最終学歴は中学卒業になります。そこで困ったのが就職活動。求人をご覧いただければわかる通り、応募条件として「高校卒業程度」「大学卒業程度」と記載する企業は多いです。では、高校中退の「中学卒業」は正社員として就職できないのでしょうか?今回は高校中退の就職についてご紹介します。

<高校中退。だからこそ正社員として就職することが重要!>

正社員はアルバイトや派遣社員よりも安定した生活を送ることができます。それは、給料の安定性や賞与の有無などのメリットが理由です。アルバイトや派遣社員では昇格の幅が狭い、もしくはほとんどない場合が多いため将来を考えると不安が多い雇用形態です。

では、どのように高校中退から正社員として働ける就職先を探せばいいのでしょうか。以下にポイントをご紹介します。

人材育成に力を入れている学歴不問の就職先

学歴不問で求人を掲載している多種多様な企業は世の中にはたくさんあります。

  • 配送業
  • 不動産営業
  • 接客業
  • 製造業
    など

しかし、学歴不問と書かれている企業の中にはブラック企業が紛れていることもあります。ブラック企業に就職してしまうと、働くこと自体に嫌気がさし、最終的には引きこもってしまう方も多く見受けられます。そうならないためにも、高校中退といった若手の人材育成に力を入れている企業を見極める必要があります。働き先はあるので、まずは焦らずご自身の希望や条件にあった会社を探してみてください。

転職エージェントを利用する

転職エージェントにどのような印象を抱いているでしょうか。かつては社会人のみが利用できるサービスでしたが、深刻な人手不足によりフリーターや無職の方でも利用ができるようになりました。転職エージェントには以下のメリットがあります。

  • 利用料は最後まで無料
  • 土日祝日でも利用可能
  • 履歴書の書き方や面接の練習もサポート

キャリア相談から正社員として就職する上での希望条件など踏まえ、ご自身に合う就職先を紹介してくれます。候補をいくつか挙げてくれるため、多種多様な業界を視野にいれながら、担当者と共にキャリアプランを立てることができます。

<高校中退は若さが武器!>

高校中退された方であれば年齢はまだ10代です。最初に就職したところで経験を積めば、転職をしてキャリアアップを実現できることも。そのためには、まず正社員として就職をすることが重要なのです。初めての就職活動は不安もあり、精神的にも大変な想いをするかと思います。しかし、歩みを止めなければ、希望に沿った就職先はきっと見つかるので、上記の方法で積極的にアクションを起こすことをおすすめします。