その高校中退に意味があるのか

高校生の時代なんて長い人生の中で考えたらほんの一瞬の出来事でしかありません。
もしも高校中退したとしても、問題はその後の行動、そしてそこに伴う自分の意志で、自分が話す言葉です。
もっとマインドを真剣に自分の将来に向けてください。
高校中退したその訳は? 意味ない中退だったのでしょうか。それとも確固たる意志が伴った中退だったのでしょうか。
将来のことを見据えた中退だったのならそれはプラスです。高校中退と聞くとマイナスイメージが頭に思い浮かびがちですが、高校中退の未来のほうがかえってプラスだったということはないですか?


<高校中退後また別の学校に通うという選択肢>

高校中退したのはその高校が自分の肌に合わなかったから。そんな理由があった人も少なくないはず。
もっと別の学校で自分にとってプラスになる学習ができればそれが一番ベストのはず。
自分にはもっと学ぶべきだと考えていることがあり、その学習をするには今の高校では不十分だ。
そう思っているとしたら、意味のある中退であるということが言えます。
一般の高校で学べることはどうしても普遍的な内容であることが多いです。または受験を念頭においたもの。
ですがもっと専門的な勉強で、すぐにでも社会で即戦力として働きたい。そんな思いを胸に抱いている方も少なくないのではないでしょうか。
通信制高校の中にはもっと自由な登校ペースで、もっと多岐にわたった分野の学習を行うことができる学校が多くあります。
そんな学校での学習に切り替えるための高校中退だったとしたら、意義が深いといえますよね。


<もっと夢のための時間がほしい方>

普通に生きることに窮屈さを感じる方も少なくないはず。
もっと自分には人に表現したいことがある。もっと自分の作ったもので人を感動させたい。
でもそのためにはもっともっと練習するための時間が必要。そう感じたうえでの高校中退。
そしてそれにより自由になった時間で夢のための練習を行うこともできるはずです。
自由な時間が必要だと感じたうえで中退を選ぶ人は少なくありませんから、問題はその後です。その時間をいかに大切に使うか。
意志を強く持って、もっと自分の将来に強い関心を寄せてください。きっとそこで見えてくるものがあるはずです。
自分の中でゴールを設定してください。そしてそのゴールから逆算して、自分がどのような道筋を歩むべきなのか。それをしっかり考えて日々歩んでください。
脇目もふらずに夢に一直線なのか、公認試験だけは受けておくのか…。それを考えるのは他でもないあなたです。