実際に高校中退した人の体験談!

今高校に通っている人の中には、もう学校を辞めてしまいたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、勢いで高校を辞めてしまったのでは、いつか後悔することになるかもしれません。
そこで、今回は実際に高校中退してしまった方の体験談をご紹介!


<勉強が嫌で高校中退してしまったAさん>

僕が高校を中退したのは高校二年の頃でしたが、実際には一年の後半から行ってなかったので、実質的には一年生で学校を辞めてしまったようなものでした。
原因は簡単にいえば学校の勉強が嫌になってしまったからですね。
元々、中学の頃から勉強は大の苦手だったのですが、高校生になってから全く授業に追いつけなくなってしまって…。
それから、だんだんと学校に行くのが嫌になってしまったという感じですね。
僕の家は両親が共働きだったこともあり、簡単に学校をずる休み出来たというのも、不登校になる手助けになってしまったのかなとも思います。
そして、一年生が終わるころには完全に学校に行くことを放棄してしまいました。
それからは、とにかく時間だけはありますからね。
地元の僕と同じような境遇の友達と、毎日とにかく時間を潰そうと遊んでいました。


<就職するときになって気がついた失敗>

よく高校中退すると就職できないと言われますけど、探してみればいくらでも仕事はあります。
もちろん、土木関係など肉体的にハードなものばかりなので、肉体的にはきつい仕事ばかりですが。
ただ、高校中退したことによって困ったのは、人間関係の作り方が分からないということなんです。
考えると、高校を中退してから数年間、大人とも関わることなく、同じメンバーとしかいなかったわけですから、いきなり知らない人たちと仕事をするといっても無理ですよね。
あと、社会の常識というのも全く身についていなかったので、職場の人たちからは常に呆れられていましたね。
その時は、何で高校中退してしまったのだろう、と悔しい気持ちにもなりました。
結局、いくつか仕事も始めてみましたが、どれも長続きすることなく終わってしまい、その頃になってようやくこのままじゃダメだと気がついたんです。

<その後は通信制高校で再起を誓う>

再び、高校に通うと決めたのは、やはり常識を身につけておきたいという思いからですね。
ただ、また学校に通うことに不安はいくつもありました。
そこで、色々な就学支援サイトを見比べて情報を仕入れることにしたのです。
その結果、通信制高校であれば自分でも通うことが出来るのでは…、と感じました。
中でも一番興味を引いたのは、授業に追いつけない生徒に個別指導を行なってくれるというもので、通信制高校だからこそ出来る授業スタイルもあるのだと驚きました。
僕は学習面の不安から個別指導を希望しましたが、いじめなど対人関係が原因で高校中退した人にも対応しているみたいですね。

何はともあれ、僕も今では働きながら通信制高校に通って、卒業も間近になってきました。
最近では大学で勉強してみたいという意欲も湧いてきて、自分でも驚いています。
これから先のことはまだ分かりませんが、ちゃんと高校に通い直して良かったと、これだけは確信をもって言うことができます。