高校中退の理由を知りたい

高校に通っている人は多くいますが、中には高校には行かずそのまま働いている人もいます。
なぜ、高校中退してしまったのか理由を調べてみると、一番多かったものは学業不適応や不登校でもともと高校生活に熱意がないというもの。
高校は義務教育ではないので通いたい人だけ通えばいいのですが、中には親に反対されて通っていると言う人もいるようです。
また、高校中退してしまって後悔している人もいるけれど、その場合は通信制や定時制に申し込みが出来るからぜひ申し込みを。


高校中退はじっくり考えてから決める

高校を辞めるのも自分が納得すれば、別に悪いことではないと思いますが、その際にはよく考えましょう。
今高校中退して本当に後悔をしないのか、自分のやりたいことをやれているのかどうか、もう一度よく考えてから決めるように。
近年では学校側からの強制的な中退が減少し、生徒側の自主的な高校中退が多くなっているとのデータも出ています。
先の事をしっかり考えている人なら問題ありませんが、中にはそうではない人もいるようなので、よく家族と相談をして。
TOPへ戻る


中退率が最も多いのは?

中退率が最も多いのは、大阪府だというデータがあり、次に熊本県・宮城県と続いているそうです。
地域が高校中退に関係しているのかどうかは分かりませんが、データが出ている以上何かつながりがあるのかもしれないですね。
高校中退の理由で一番多い学業不適応の枠の中でも多かったのは、人間関係がうまく保てないという項目なんだそうです。