高校中退で自分の弱点にアプローチ

高校中退する人の多くが人間関係に問題を抱えた結果中退するというケースです。
人間関係を円滑に築くのはもはや才能の域、適正や人間性の話題にも関わる問題です。
上手に友人と付き合うことが難しい人は簡単にその性格を治すことができません。
人間の抱える悩みの二大巨塔がこの人間関係と、普遍的に関わってくるお金の悩みです。
もし高校生活においてかなりのウエイトを占めるこの人間関係に苦痛を感じているなら無理せずにそこから離れて、別の場所にて学習をすすめるべきなのです。
誰もそのことを責める人はいません。
そしてそんな人を受け入れてくれる受け皿もしっかりと整っています。


高校中退しても人間関係は終わりじゃ無い

高校中退して、一時は人間との付き合いから遠ざかったとしても、人との関わりから完全に遠ざかることはできません。
他人と関わるのは、どこにいようと、いつを生きていようと避けることのできない命題です。
つまり高校中退したあなたが考えるべきなのは、いかに人との関わりから遠ざかるのかではなく、いかに人との円滑なコミュニケーションを築いていくかなのです。
たしかに一般的な、全日制の高校で求められるコミュニケーションスキルの水準はとても高いものです。
そこに順応できなかったとしても、それを誰にも責めることはできません。
だったら次はどうすれば良いのか。それは、もっと求められる水準を低くして、またそこに挑むのです。
そして段々とその水準を上げていけば良いのです。


まずは通信制高校で自分を確認

自分の弱点をしっかりと理解しているなら、その弱点を克服するために動けば良いだけです。
通信制高校は全日制高校とくらべてかなり人と関わる頻度を押さえることができます。
学校に通う頻度もかなり少なくすることができます。この中で、いかに自分の弱点と向き合うことができるか。
自分の、円滑な人間関係を築くことができないという大きな弱点にいかに上手なアプローチを行うことができるか。ここです。
通信制高校は学習ペースを管理するのも大部分自分で行うことになります。
この中で自分のことをよく知る機会をたくさん得ることができるようになるはず。
どんな場所でどんな学習方法で、どんなスタイルで生きていくのか。誰にでも向き不向きはあります。自分に一番あった方法で学習を進めていくことにしましょう。
自分が過ごすべき場所。自分にあっている場所は必ずどこかにあるはずなのです。どこを見つけるまでは、決してあきらめないでください。